« 時 | トップページ | 自然と共に »

2018年6月20日 (水)

現実

桜木紫乃さんの「蛇行する月」という本を読んだ。

6人の主人公を含め、誰一人しあわせにはみえない。

ただ一人だけ「しあわせだ」と言い続ける女性は、若くして妻子ある男と駆け落ちし、

全国を逃げ回り、お金もなく、ラストは40代という若さで余命数カ月・・。

この作者さん、表現力、文章力ものすごいです。

フィクションだって解っているはずなのに、主人公の女性たちの不幸せさにのめり込んでしまう。


そのうちの一人、ナースの同僚がいつも休暇で行く沖縄で働きたいと言い出したときにこんな言葉が。

「休暇で行く街が職場になったとき、現実を離れる場所はいったいどこになるのか」


「あ」と思いました。

私は。


音楽を楽しまなくてはいけないとずっと思っていた。

音楽は楽しいと思いたかった。

あ、過去形になっている。

ちがう、音楽は楽しい。

楽しい・・?

私は、音楽で生きているのだった。

まぎれもない、音楽が「現実」。

の一行が妙に胸に突き刺さる。


« 時 | トップページ | 自然と共に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445566/73716359

この記事へのトラックバック一覧です: 現実:

« 時 | トップページ | 自然と共に »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

趣味表

  • 潮見表
  • コード表
無料ブログはココログ