« 考える 考える | トップページ | やっぱり。 »

2019年3月10日 (日)

物にも心がある

と立証している学者さんがおります。その名はライアル・ワトソン。

私は彼の本が大好きでけっこう読みあさっているのですが、いちばん最近読んだものが、

「物」について書かれている本です。

読んだときは、「ほぉ、そんなこともあるのかー」くらいでしたが、最近、妙に引っかかることがある。

この1年、何度か本気で「もう店はやめよう」と心に決めた瞬間がありました。

お客さんが激減し、通常営業なんていつも1人か2人。3人いたら「今日はたくさんだなー」と

思ってしまうくらいな有様なのですが、不思議なことに、

「もう〇月でやめる!」

と心に決めてお店に行くと、必ずその日はたくさんのお客さんで賑わうのです。

まるでお店が「お願い、捨てないでぇ、お客さん呼ぶからぁ」と泣いて懇願しているかのよう。

その度に柱をなでなで。「わかったよぅ、やめないでがんばるよぅ」と心をあらためるのである。


ライアル・ワトソンは、植物学者でもあります。

植物の本では、植物にも心がある、を立証しています。

これも私自身、体験しています。

当時メガネ屋さんでお花のお世話係をしていまして。

それはそれは心を込めてお世話をしておりました。時には話しかけたりしてね。

お花たちは盛大に咲きこぼれ、毎日とても美しい姿を見せてくれました。

一方、我が家にはチューリップが植えられていました。

多忙な毎日を送っていたため、そのチューリップにはお水だけ与えてほとんど見向きもせず、

素通り。

3日もせず、枯れました。


世の中は、不思議で溢れていますね。

言い換えます、世の中は愛で溢れているのですね。

愛とは。

私が思うに、人より、人以外のもののほうが純粋な愛を持っているのではないかと考えています。

人の持つ愛の前には欲望や嫉妬や比較などいろんな壁が立ちはだかっている。

だから人は、人ではないものに強いあこがれを持つのではないでしょうか。

そんなことをつらつらと考えてしまう今日この頃。



« 考える 考える | トップページ | やっぱり。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 考える 考える | トップページ | やっぱり。 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

趣味表

  • 潮見表
  • コード表
無料ブログはココログ